FC2ブログ

法事

先日、父親の七回忌の法事をしました。

早、丸6年。時の過ぎ行く早さを感じます。

当時、父は肝臓ガンで、あと何日か、という状態でした。
その日の朝、母親から「父が危ないのですぐ来てくれ!」
と電話があり、病院に向かいました。
でも、心の中は父親の死ぬ間際の苦しむ姿は見たくないなあ
と思いながら、病院に駆けつけました。
結局、父の最後を見送ることができませんでした。

その数ヵ月後、大叔父の葬儀のとき
お坊さんの話にショックを受けました。

「親の死に際は、しっかり見送ってあげないといけない。
死に際というのは、その人の生き様である。
死に際は、生き様そのものである。」
というお坊さんのお話でした。

このお坊さんの言葉をことあるごとに思い出し、
親の死に際は逃げずに、しっかりと見送らないといけない。
今では、そう思っています。