FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柳川市民まつり

昨日は日曜日でしたが、
青年部で市民まつり出店のため
半日働いていました。

お店は、から揚げ、ポテト、アメリカンドッグ。

しかし、あいにくの雨。
例年に比べ会場に来ている人も、まばら。
おまけに、寒いっっ!!

悪条件は別にして、感じたこと。

我々はボランティアではありますが、
回りには、商工会などご商売をしているお店の出店、
本物の的屋さんのお店。
比べてみると、やはり売るための工夫が違っていました。

(陳列ケース)
的屋さんなどは、商品にスポットライトを当てて
商品をおいしそうに陳列。
当店、照明なし、商品陳列はまばら。
寒い上に、陳列ケースを見て寂しかった。

(値札)
字が小さかったので、わかりにくかった。
大きな字で、お客さんにわかりやすく表示すべきだった。
売れ行きが悪かったので、午後から値段を下げたが
その際、値段を下げた時用の値札を作っておくべきだった。

(お店の雰囲気)
男ばかりでちょっと怖そうだったかな。
みんなでエプロンくらいしたら和らいだかも。

的屋さんのお店によっては
カウンターに湯気が出ているような細工があった。
今回、他のお店と見比べながら
ちょっとしたところに売るための工夫が
なされている事に気づきとても勉強になった。

みんなボランティアなんで無理ないかもしれませんが、
会長さんの頑張りに対し、
会員さんの一部は、私を含め売ろうという必死さ、
気持ちが欠けていました。
やはり、何をするにも、当事者意識が欠けていると
一体感がなくなってしまい、盛り上がりに欠けてしまいます。

仕事でも同じだなと思いました。
社員全員がいかに当事者意識を持って
責任感を持って、仕事に取り組めるか。
これは実に重要なテーマです。

今回の出店を通して、実にいろんなことを
学ぶことができました!

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。